しわ

たるみが発生する原因を知っておこう!

2019年3月7日

フェイスラインのあたりや目の下や頬などに見られるたるみはどのようなことが原因で発生するのでしょうか?

誰でも加齢によってたるみはできてしまうものですが、そういえば人よってたるみが目立たない方人もいますよね。

実際には加齢だけでなくさまざまな原因でたるみは発生します。

今回は、たるみを防ぐために「たるみが発生する原因」についてご紹介しますね。

モカ
正しい知識があれば、たるみを予防することができますよ!

たるみが発生する5つの原因

①真皮の弾力の低下によるもの

たるみができる大きな原因は、肌の真皮がハリや弾力を失うことです。

真皮とは?

真皮は表皮の内側にあり、肌(皮膚)組織の大部分を占めている肌(皮膚)の本体です。部位などによって異なりますが、皮下組織を除くと平均で約2ミリの厚さがあります。

真皮の中はコラーゲン繊維という強くしなやかな繊維組織が網目上にはりめぐらされていて、網目のつなぎ目をエラスチン繊維がしっかりとつなぎとめています。

しかしこの真皮の中のコラーゲン繊維やエラスチン繊維、ヒアルロン酸などの成分が減少したり変形すると肌の弾力が失われていきます。

また、肌の乾燥や紫外線やストレスなどによって発生する活性酵素女性ホルモンなどの低下も、しっかりとした網目状の構造を保つことができなくなり肌のたるみができてしまいます。

②皮下脂肪の増加によるもの

肌のたるみは、皮下脂肪の増加も関係してきます。

皮下脂肪は真皮の下にあるのですが、皮下脂肪が増えて加齢などの原因も重なると皮下脂肪を支えている筋肉の力が低下し重力の力で下にひっぱられて肌のたるみとなります。

③表情筋の衰えによるもの

肌を一番下から支えているのが「表情筋」といわれる筋肉です。

表情筋は名前の通り顔のさまざまな部分を動かす時に使う筋肉のこと。

モカ
たとえば、まばたきをしたり口を動かすときに使う筋肉です

表情筋も身体の筋肉と同じように加齢や運動不足が原因で筋力が落ちていきます。

表情筋が衰えてしまうと、上に乗っている皮下脂肪や表皮などを支えることができなくなり肌のたるみとなってしまうのです。

④むくみによるもの

むくみとは血液やリンパの流れが滞り、細胞と細胞の間に水分が過剰にたまった状態を指します。

お酒を飲んで腎臓の働きが弱くなっているときや身体の冷えや運動不足などが原因で血流が悪くなっている時にむくみやすくなります。

肌に水分がたまると水分の重みで肌が下に引っ張られて肌がたるんで見えてしまうというわけです。

⑤糖化が原因

「糖化」とは体内でタンパク質と糖が結合することで化学反応を起こし、身体のいろいろな組織が変形し老化が進むと言われています。

体内で糖化がおきた際にできる物質「AGE(糖化最終生成物)」が真皮内にあるコラーゲン繊維同士を結合させます。

結合が進むとコラーゲン繊維はかたくなり、真皮の弾力やハリが低下したるみを発生しやすくなります。

私の大好きなパンケーキですが、小麦粉や砂糖と卵や牛乳を混ぜてフライパンで焼くと表面がこんがりキツネ色になりますが、これが糖化の一例です。

モカ
これからは糖化を意識しながら食生活を変えていきます!

まとめ

無意識にやっていることがたるみの原因となっていることもあるかもしれません。

正確なたるみの原因やメカニズムを知って、今すぐ生活習慣や食生活の見直しをしていきましょう!

この記事も読まれています♥

おすすめ
しわやたるみの原因と予防方法について解説!

鏡を見るたびに気になるしわとたるみ。 しわとたるみは実年齢よりも老けて見られる原因にもなるので、女性なら誰でも気になりますよね。 ちなみにしわとたるみの原因ですが、肌の保湿不足だけでなく思いがけないこ ...

続きを見る

-しわ
-

Copyright© モカの美容メモ , 2020 All Rights Reserved.